• ホーム
  • シルクスクリーンプリント
  • 写真もフルカラー表現できるシルクスクリーンプリントの分解技法。

写真もフルカラー表現できるシルクスクリーンプリントの分解技法。

一般的にシルクスクリーンプリントではフルカラーのプリントが難しいと思われる方も多いかもしれませんね。
例えばフルカラーの代表としては、写真です。

網点を使用した4色の組み合わせの4色分解技法

印刷といっても普段身近なものとしてパソコンやコピーなどがありますが、これらも4色の色を組み合わせてフルカラーを表現しているものが一般的には多いですが、シルクスクリーンプリントでもこれらと同じような原理で写真・グラデーション・フルカラーのプリント表現が可能になります。

少しアップぎみに写真をとっているので、画像粗く見えてしまうかもしれませんが、細かい点の「赤・青・黄・黒」の集合体でプリント表現を実現しています。
この4色が細かい点で書け合わさって、様々なカラーを表現しているのがこの4色分解の技法です。

上記2つ同じデザインの画像を張り付けましたが、上がホワイトの生地にプリントしたもの、下がブラックの生地にプリントしたものになります。

やわらかな顔料インクを使用する為、隠ぺい性は少ない

このインクの場合は、生地に馴染みやすい柔らかなインクが特長なのですが、自然な雰囲気で仕上げようとすると隠ぺい性が少ない為、地色が出てしまいますので、濃色ボディなどの場合は別で白いインクを使用し隠ぺい性をあげてプリントするなど工夫が必要になる技法になります。

こちらの画像もホワイト生地とブラック生地とで比較してみました。
下側の画像の写真のほっぺたあたりの黒もやが出ていると思いますが、生地色が出てしまっているのです。
これが先ほど説明した、隠ぺい性が少ないという事です。

違うパターンで写真を掲載しておきます。

4色分解の際のデータ入稿はどうすれば

よく質問されるのですが、4色分解の際のデータはどうすればいいのか?
網点で4色にしたデータを作らなければならないの?など質問を受ける事もございますが、基本的には、網点になっていないデータを頂ければ、色の出具合など調整し版制作を致しますので、お客様は、例えば写真そのまま、フルカラーのイラストでしたらそのイラストそのまま頂ければ大丈夫でございます。

点で表現する、アナログよりの表現が最近では、人気を高めていますね。

関西・大阪のシルクスクリーンプリント工場のオリジナルTシャツ作成事業。ブランド立ち上げ・物販アイテム・販売促進・ユニフォーム制作など、オリジナルプリントでフルサポート致します。

© コンセプトTシャツ事業部 | 関西・大阪のオリジナルプリント工場.